LIFE is ART

おひさしぶりです。

 

1ヶ月に1回更新できればなー

と思ってやってるから悪しからず。

 

今週で3回生もオワリ。

来週からはひたすらサッカーの毎日。

が向こう1年続く予定です。

 

きっとラスト1年になるであろう

京都での生活。

 

ただ寺とか神社とか日本っぽい感じが

好きっていうだけで

京都の大学に進学してみたけど

それは正解だったように思う。

 

コーチになって監督になって

プロのカテゴリで指導するって

自分が中学生のときに描いた

ほとんどの夢は叶ってしまった。

 

そしていま感じてるのは

自分は小さな世界で生きてきたなあ

ということ。

もっと大きな世界を生きたいなあ

ということ。

 

自分の知ってる世界って

この世界の何パーセントなんだろう

って考えてみても想像できない。

それくらい小さな世界。

 

せっかくこの世界に生まれたんだから

自分の世界が小さいって気づいたんだから

自分の世界を大きくしようとする

ことぐらいやってみようと思う。

 

けど

自分の世界を大きくした先には

もっと大きな世界があって

すべてを知ることなんてできないし

ゴールなんてあるわけもないけど

 

大きくしようとする行為には

価値があると思う。

 

もっと大きな世界があることに

目を背けて生きていくことも

気づかないふりをして生きていくことも

気づくことすらなく生きていくことも

できるかもしれない。

 

でもなんでやるかって

そうしたいからで

そうするしかないから。

 

ヒトのゴールは死ぬときかなー

って勝手に思ってるけど

そのときに

「世界って大きかったなあ」

と思いたい。

 

大きな世界で

たくさんの色を集めたい。

 

 

いっけーさんも言っているように

COLORFUL » 世界と旅とこれからの話。

 

たくさんの経験を

たくさんの感情を

たくさんの視点を

集めたい。

それが自分の色になる。

 

でも

色を集めることと

なにかを描くことは違って。

 

 

 

自分は

 

描くのはもっと先でいいかなあ

まずは色を集めようかなあ

と思う

 

どんな作品になるかは分からないけど

たくさん色をもってたほうが

おもしろい作品が描ける気がする

 

その作品ってのが

自分の人生なので

 

人生とは芸術なのです。

 

『一生がアートだ。死ぬときに、「自分という作品」に感動したいだけ。』高橋歩

 

®️ist