自分史概論

こんばんは。

 

自分を発信するために、

まずは自分史を。

今回はサッカー編。

 

自分のバックボーンを

知ってもらってこその

ブログだと思っているので。

 

このブログを見ている人は

仲良い人ばかりだけど

20年分の自分を知ってる人はいないはず。

だからブログを通して自分を知ってくれ!

 

 

まずは【小学校編】

サッカーを始めたのは小1。

たぶん親の影響。

 

キーパーを始めたのも小1。

1コ上のキーパーしてた先輩が休んだ日に

じゃんけんでキーパー争奪戦に勝利。

そのとき

「おれキーパーできんじゃん…」

ってなってからキーパー。18まで。

 

なんなら、

キーパーやってたから

いまこんな立場にいる。

 

って考えたらそのときの

じゃんけんは大きく人生を変えたのでした。

 

きっと人生で1番意味のある

じゃんけんでの勝利。

 

まあ、そんなこんなで、

 

【中学校編】

ここで挫折。

入りたかったクラブチームに

選考会の末、落選。

 

今思えば

落選するほどの実力しかなかったけど

当時の自分はなかなか受け入れられず。

 

小学校時代にお世話になった

コーチのいるチームへと進みました。

これがまた人生を大きく左右することに。

 

ここでの経験が

今の自分のほとんどを作っている。

と言っても過言ではない。

 

その経験とは

 

まずは、サッカーへの価値観。

これについては

またいつかブログに書くことにします。

 

つぎに、自分の目標。

自分がいま指導者なんてことをしてるのは、

このときから描いていた

一つの目標でもあります。

 

最後に、人との出会い。

中学1・2年時のコーチとの繋がりこそが

今も自分とサッカーを繋げている

と言っても良いぐらい。

 

このチームに進んでいなかったら

今の自分はありません。

 

きっと

地元でテキトーに暮らしてたと思う。

まあ、それも面白そうだけど。

 

そしてそして、

 

【高校編】

正直、

何を学んだとか

何を頑張ったとか

何を身につけたとか

胸を張って言えるものがない。

 

後悔8:2満足感

くらいの高校生活。

 

人生やり直せるのであれば

高1から。

 

いや、高2からかも。

 

にしても、高校3年間は早すぎた。

本当に早すぎた。

で、人生で1番楽しい3年間だった。

だからこそもっと色々出来たな〜

とも思う。

 

で、当時は気づいてなかったけど

高3の夏にサッカー選手を引退した。

 

まさか、ずっと続けてきた

「競技サッカー」が

あんなにもあっさりと終わるとは。

 

そのときが

競技サッカーの終わりになるなんて

思ってもいなかった。

 

だから、後悔があるんだろう。

 

この引退を自分は

1回目の「死」

と定義してる。

 

これについても、

またいつかのブログで。

 

長くなってきたけど

最後に〜〜

【大学編】

現在は

小学生から大学生(ときには園児も)

男子から女子

ほぼ全てのカテゴリで

サッカー指導者をしている。

 

なかなか関われていない

カテゴリもあるが

どのカテゴリにも関われる環境に

身を置いている。

 

役職としては

監督もやってる。

コーチもやってる。

キーパーコーチもやってる。

 

活動としては

JFAの活動にも関わっていれば、

アンチJFAっぽい考えにも触れている。

 

正直色んなところに身を置きすぎて

どれが本当の自分か分からなくなってきた。

ってのが本音。

 

 

どこに本当の自分はいるのだろうか。

毎日そんな自分探しの旅をしてます。

サッカーを通じて。

 

 

 

きっと誰しも

どこかに自分の知らない過去が

あったと思います。

 

そんなことを肴に

会ったときにお酒を飲みながら

話せたら楽しいんじゃね?

と思って書いた文章でした。

 

自分のサッカー人生20年は

約1500文字で語れてしまった。

 

薄っぺら!

 

®️ist