人という字は人と人が支え合って出来ているわけではないらしい

こんばんは。

 

 

 

 

 

 

 

サッカーって誰がするって

人がするもので。

 

いくらサッカーを知ってても

人を知らなかったら

サッカーにならなくて。

 

逆に人を知ってても

サッカーを知らなければ

サッカーにはならないんやけど。

 

結局両方大事でって話。

 

 

 

 

 

日本ってサッカーそんな強くなくて

最近でこそロシアW杯で

強豪ベルギーを追い詰めて

みたいなことがあるけど

 

f:id:sawairist:20181206012745j:image

 

 

やっぱりベスト8の壁は厚くて

自分は世界で16番以内てすごない?

て思ってしまうけど

やっぱりもっと上が良いのも事実で。

 

 

 

 

 

 

最近は海外でサッカーを学ぶ人

ってのが増えてきて

そんなサービスもあって

すごい世の中になったなあと思う。

 

やっぱりサッカー強い国には

強くなるための仕組みがあって

それを学んで日本に還元しよう

って素晴らしいことで

自分にはなかなかできないことで

尊敬してしまう。

 

 

 

でもその人たちが発信することに

なんか違うなって思うことも

ときどきあったりして

これは勝手に思ってるだけだから

どうでもいいんやけど。

 

 

 

「人が抜け落ちてる感」

っていうのがあって。

 

どういうことかって言うと

 

海外はこんなことしてるから

日本も真似しようぜとか

 

海外のデータはこうだから

日本もこうした方がよくね

 

みたいな。

 

 

 

言い換えると

 

パンって美味しいから

米粉パン作ったよみたいな。

 

 

 

いま、

わかりにくく説明したよ。

 

 

 

 

まあそんなんはいいんやけど

日本をもっと強くしたいんなら

もっと日本を知らないとダメやと思う。

 

日本をっていうか

日本人を。

 

やっぱり日本人って独特で。

 

朝早く来て働いて

勤務時間すぎても働いて

夜遅くに帰って

それを勤勉だみたいに捉えたり

 

毎日お祈り行かないのに

PK戦になったら

手を組んでなにかに祈ったり

その対象はだいたい神様なんやろうけど

お前にとっての神様なんなん

 

みたいな。

 

 

 

 

特に

サッカー強い国の人間と

日本人って違うと思ってて

 

違う人間がサッカーするんやから

同じようにやってもダメちゃう

とは思ったりしてて。

 

みんなサッカーにフォーカスして

人間が抜け落ちてるな〜

って思ったりする。

 

 

 

 

 

で、

 

日頃から生きる死ぬを賭けてサッカーしてた

ブラジルの同い年のジェズスには勝てなくて

 

f:id:sawairist:20181206021002j:image

 

現に彼は

マンCで活躍してるのに

自分は

ウイイレで彼を使ってるし

 

 

 

サッカーの試合中に

死ぬ気でボール追いかけろ

とか言われたことある気がするけど

死ぬ気になんてなれなくて

いくら頑張っても

死ぬ気の70%くらいしか出なくて

もはや死ぬ気って死にそうなときに

勝手に出るものだから

出そうと思って出るものじゃないし。

 

 

 

でも地球の裏側で

ジェズスは本当に死ぬ気で

ボール追いかけてたんだろう。

勝手に死ぬ気が出てたんだろう。

 

 

 

 

そんな奴には勝てなくて。

勝つ気にすらなれなくて。

 

 

 

 

 

 

 

自分たちは世界的に見たら裕福で

 

財布を盗られるリスク

なんてほぼなくて

下校中に連れ去られるリスク

なんてほぼなくて

飯を食えないリスク

なんてほぼなくて

サッカーできないリスク

なんてほぼなくて。

 

だから

駆け引きとか

危機察知能力とか

サッカーの本気度とか

 

 

きっと勝てないんだろうなって思うと

日本人って

サッカー向いてないんじゃね?

とか思うけど

 

 

 

 

そんなことはなくて。

 

どの学校にもボールはあって

安全にボールが蹴れる環境もあって

栄養満点のご飯たべれて

普段の生活に余裕があるし

謙虚に相手のことを考えられるし

協調性が高いし

 

って考えたら

日本も負けてなくね?

って思ったりして。

 

 

 

そのためには

海外と同じじゃだめで。

だからって

日本万歳ってなるのが良いわけじゃなくて。

融合が良いはずで。

 

そのためには

もっと自分たちのこと知るべきで

色んなことを知るべきで

サッカーだけしか頭にない人は

サッカーうまくならない。

と勝手に思ってて

 

 

 

だからもっとアンテナを張って。

色んな場所に。

 

 

 

 

 

 

結局

いつも通り

言いたいことは特になくて。

 

 

サッカーは人がするもので。

 

 

これはサッカー以外もそうで

 

世界は人が作るもので

人が作ってきたもので

これからも人が作っていくもので

 

人ってすごいなって思うのです。

 

 

 

 

あれ

 

自分で書いたけど

 

「ちょっとなに言ってるか分からない」

 

 

 

®️ist

 

知らんけど

おひさしぶりです。

 

 

 

最初に断っておくけど

このブログを通して

言いたいことってのは

特にない。

 

 

 

 

 

「幸せ=A×B」

とすると

AとBに入る言葉は?

 

みたいな話をこの間聞いて。

 

それぞれAとBに入る言葉を

考えてから次に進んでね〜

 

 

 

 

 

 

 

ある友人は

「サッカー」×「友達」

 

ある友人は

「人との繋がり」×「笑い」

 

 

 

 

 

 

素敵。

こんな人生送れたらハッピー。

 

毎日サッカーできて…

毎日友達と会えて…

毎日笑いあえて…

 

超幸せ…?

 

 

 

 

こんな本があるんだけど

「毎日が幸せだったら、毎日は幸せと言えるだろうか?」

 

さとうみつろうさんの本。

 

 

毎日サッカーできて…

毎日友達と会えて…

毎日笑いあえて…

 

 

これ毎日できたら

幸せって感じる?みたいな。

 

 

自分はこの意見に

半分賛成だし半分反対。

 

 

毎日サッカーできて…

毎日友達と会えて…

毎日笑いあえて…

 

こんなの絶対楽しいし

こんな世界があるなら飛び込みたい。

 

 

でも

毎日サッカーできたら

毎日友達と会えたら

毎日笑いあえたら

 

もっと高いレベルを望むような気もする。

 

もっと良い環境で良い相手と味方と

サッカーしたいなーとか

もっとたくさんの仲の良い

友達と会いたいなーとか

もっともっともっともっと

笑いたいなーとか

 

 

 

そしたら、

毎日は幸せって言える?ってね。

 

 

 

 

 

 

自分が出会った永崎裕麻さんは

 

「幸せ=喜び×悲しみ」

 

みたいな言葉を入れてた。

 

 

 

 

人って環境に左右されて

当たり前なものには

特別な感情を抱かない。

 

だから当たり前っていう

自分のフィルターを外すと

案外近くに幸せは転がっていて。

 

例えば

毎日ごはんたべれるし

毎日安全に眠れるし

 

これって自分たちにとっては

幸せでもなんでもなくて。

 

でも

環境が変われば

これは幸せになって。

 

 

 

当たり前の対義語は

ありがとうで。

 

有り難い

=あることが難しい

=めったに無い

↔︎当たり前

 

日常の当たり前に

ありがとうって

思えると面白いのかなとか。

 

 

 

 

 

 

「幸せ=喜び×悲しみ」

 

ってすごい良い考え方だなって。

 

ほとんど全員の人が

AとBに自分にとって

プラスなモノを入れたはず。

 

でも、マイナスがあっての

プラスなんだなって。

 

全てがプラスだったら

そのプラスはいつかマイナスになるかもで。

 

絶対マイナスってのは生まれちゃうもので。

 

って考えてると

いま何かで悩んでる人も

何かにつまづいてる人も

 

それは未来の幸せへの

助走で。

 

 

 

だからって

悲しみに飛び込む必要はないし

悲しみを我慢する必要はないし

 

でも

悲しみに向き合ってみると

それが教えてくれるモノってある気がして

 

それこそ

幸せの要素になってると思ったら

悲しみすら幸せな気がして

 

なんか矛盾してるんやけど

そんな考えって素敵な気がする。

 

 

 

でも

相対的に考えてしまうんじゃなくて

絶対的に考えれるようになったら

面白いんじゃないかなーと思って。

 

 

 

他人と比べて

年収が劣るから自分がダメとか

点数が低いからダメとか

過去の自分と比べて

怠けてるからダメとか

今の方が楽しんでないからダメとか

 

そんなことはなくて。

 

今の自分にとって

楽しくて素敵であれば

それで良いじゃん。

 

だって自分の人生だもん。

 

過去を生きてるわけでも

未来を生きてるわけでも

他人のモノを生きてるわけでもない。

 

 

今の自分を信じたら?

 

喜びも悲しみも受け入れながら

少しずつ進めばいいんじゃね?

 

知らんけど。

 

f:id:sawairist:20181123101239j:image

 

®️ist

 

 

 

 

 

 

 

 

見えてるのに見えない

おはようございます。

 

 

今年もあと2ヶ月。

みなさん10ヶ月お疲れ様でした。

 

正月が終わって

あと1年待たなきゃ

正月が来ないのか

なんて寂しくもなったけど

案外正月はすぐそこにいて。

 

正月が去ったあとの

寂しさが嫌だから

もう少し待って

と思うけど

構わずやってきて

また寂しい気持ちになる。

 

 

 

意気揚々と

「来年世界一周」

とか言ってたけど

数年後に延期しようと思う。

 

 

 

それは今の自分が

生きてきた世界が狭すぎるから。

 

ずっとサッカーに関わって

教育についても勉強して

たくさんの人と仲良くなって

楽しく生きてきたけど。

 

自分の知らない世界は

まだたくさんあって

それを日本という国で

もう少し見つけようと思う。

 

 

 

見ると見えるは違うけど

見えるってすごい難しい。

 

自分の目に写ってはいるけれど

自分の頭に写っていない

ことって結構あって

それって見えてるけど見えてない。

 

 

 

 

 

例えば

車の免許をとりにいって

車を運転するようになって

 

はじめて「道路標識」が

見えるようになった。

 

ここって一方通行なんだとか

ここ二段階右折禁止かとか

 

今までも自分の目には

写ってたんだろうけど

自分の頭には写ってなくて

存在を認識してなかった。

 

 

 

日常にはこんなことだらけで

知らなければ見えない

ものってたくさんある。

 

だからたくさん知ろうと思う。

 

でも

大人になってきて

他の人の心とか

目に見えないものまで

見えるようになってきて

 

子どもの頃は

他の人の心なんて見えないから

自分の好きに生きてきたけど

 

大人になってきて

他の人の心が見えて

自分を押し殺す

なんてこともできるようになって

 

相手のために

自分が苦しむ

なんてこともあるけど

 

って思うと

知るっていいことばかりじゃないし

見えるっていいことばかりじゃないけど

 

でも

そんなものも見えたうえで

たくさんのものが見えたうえで

色んなものが見えたうえで

自分がどうしたいか選べばいいと思う。

 

 

 

そのために

色んなことを知りたい。

色んな環境に飛び込みたい。

色んな人と繋がりたい。

 

 

だから世界一周は少し延期しようかな。

とさっきふと思った。

 

また気分が変わるかもしれない

でもこのときの自分は

こう考えてたんだって

振り返るために今ブログを書いている。

 

 

 

 

 

 

 

自分は子どもたちに

勉強を教えるバイトもしてるけど

 

そのときに

「なんで二次関数とかやらなあかんねん」

とか

「いつ文法なんて使うん」

とか

言われるけど。

 

 

 

正直なんでやらなあかんか

いつ使うんかなんて自分も知らない。

 

 

 

でも知ってたら見えるものは増えて。

見えるものが増えたらたくさん知れる。

 

そんな世界の方が素敵だと思う。

って

 

こんなこと子どもに言っても

「なに言ってんの、ダサ…」

って言われるだけで

 

 

自分が辛くなるんだろうけど

 

でも

いつかたくさんのモノが

見える世界が素敵だなって

思ってくれることを願って

受験生と向き合ってる。

 

 

 

 

 

だから

知らないって大切。

真っ白な状態だから。

 

そこから

色んなことを知って

色んなものが見えて

白に色が加わる。

 

ときには

この色違うって重ねて塗ったり

やっぱり真っ白に戻りたくなったり

迷ったあげく色を混ぜたり

そんなこともあると思うけれど

 

 

 

自分の頭の中にある

真っ白な画用紙に

たくさんの色をつけられるように

 

 

 

 

f:id:sawairist:20181107100252j:image

 

色々なことに挑戦して

カラフルな人生を送れたらいいな。

 

®️ist

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

主人公、俺

一昨日のU13。

初めての公式戦勝利。

 

f:id:sawairist:20181016020853j:image

 

勝つことより大切なことが

たくさんあるこの年代。

 

これから先が大事なんだよ

なんて自分が言っても

選手たちにとっては

目の前の勝利が大切で。

 

自分たちの思いと選手の気持ちが

融合した先にあるのが

感動や衝撃を与えられるゲームだと思います。

 

 

 

多感な年代。

 

なかなか勝てない。

思い通りにいかない。

 

そんな選手たちに試合前に伝えたこと。

 

 

自分を大切に。

自分に価値をつくれよ。

 

こんなニュアンスの話をしました。

 

自分と本気で向き合えば

自然と仲間とも向き合える

そういうものだと思います。

 

 

帰りのバス。

 

f:id:sawairist:20181016022645j:image

 

帰りのバスが一番テンション高い(笑)

 

栄養管理とか色々言われるけど

ひさびさに勝ったんだから

たまにはお菓子食べてもいいよね!

って自由な選手たち(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

苦しさ。理不尽。

がなければ成長しないのか。

 

自分もこれまで

苦しさや理不尽と戦ってきた。

 

そのおかげで

今があるのかもしれない。

 

 

 

 

ただ…

 

楽しさ。自由。

の中では子どもは成長しないのか。

 

そんなことはない。

 

人間らしく

楽しく

好きに

自由に

 

過ごした先で得られるモノ。

 

 

それこそ一生の財産になる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「理不尽に耐えられなければ

    社会に出て苦労するよ」

 

「今苦しい思いをしておけば

    これから先が楽だよ」

 

「伝統だから厳しいルール守れよ」

 

そんなの嘘だ。

大人の勝手だ。

 

自分で考えて行動しよう。

子どもの可能性を勝手に決めるな。

無限の可能性がある子どもたち。

その可能性を大切にしよう。

 

サッカーは人生を豊かにするツール。

 

約80年の人生。

サッカーだけではつまらない。

もっと色んなことにチャレンジしようぜ。

 

 

 

間違いを犯すことも

衝突することも

あっていいじゃないか。

 

 

見守ってあげれば

子どもは自然と前に進んでいく。

 

 

 

 

好きに自由に

「サッカー」も「人生」も

表現できたら

素敵な大人になれるよね。

 

 

 

 

人生の主人公はそれぞれ自分自身。

 

選手たちの物語はまだまだ始まったばかり。

 

良い物語を作り上げろよ!

 

f:id:sawairist:20181016023109j:image 

 

 

そんなこんなで

毎日サッカー楽しいです!

 

®️ist

ただの近況報告

こんばんは。

 

おひさしぶりです。

 

 

「なぜこんな更新が滞っていたか」

と言うと

「それだけ濃い日々を送っているから」

とでも理由づけておきます。

 

 

 

今回は旅について書いてみます。

 

ぼくは来年

『世界一周』

することを決めました。

 

定義は様々ありますが

「出発地と到着地が同じで

太平洋と大西洋を渡っていること」

という世界一周航空券の定義で考えています。

 

予定は

日本🇯🇵

→タイ🇹🇭

カンボジア🇰🇭

→トルコ🇹🇷

→イタリア🇮🇹

→スペイン🇪🇸

→チリ🇨🇱

→ペルー🇵🇪

→カナダ🇨🇦

→日本🇯🇵

 

ってなイメージです。

あくまで予定なので。

これからたくさん変更します。

 

 

 

 

 

「なぜ、世界一周するのか」

 

色んな人に質問されます。

 

 

 

答えは特にないです。

 

なんかビビッときたからです。

 

でも後付けでたくさん理由が出来ました。

・カッコいいから

・無謀なチャレンジをしたいから

・みんなと違っていたいから

・多様な文化に触れたいから

・たくさんの人に会いたいから

・世界史の先生として

・豊かな人間になるため

 

 

理由なんてものは

帰ってきてから考えます。

 

それでいいのだ。

 

したいからする。

 

それでいいんです。

 

 

 

あとは資金問題…

 

かなり厳しいので

クラウドファンディングもどき

みたいなやつを来年くらいからやります。

 

ので、

ご協力していただける方は

よろしくお願いいたします。

 

 

 

ということで旅の話はオワリ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当面の目標について。

「誰かに会いたいと思われる人になる」

これが目標です。

 

自分はいつも

色んな場所に足を運んで

色んな人と繋がっています。

 

そんな毎日です。

 

でも誰かから

「会いたい」

と尋ねられたことはない。

 

 

 

 

 

若いから

とか

忙しいから

とか

そんなん関係なくて

 

「価値ある人間じゃないから」

 

ってなだけです。

 

 

 

だから自分の価値を作るため

《発信》

頑張りたいと思います。

 

自分に価値を生み出すための

自分やチームの発信。

 

今年度中に誰かが自分のもとへ

訪れてくれたら嬉しいな〜〜

 

ってことで皆さん会いましょう。

声かけてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回のブログはただの近況報告。

 

これから多方面で発信します。

もちろんこのブログでも。

 

楽しみにしててね。

 

®️ist

ちょうど2年前

こんばんは。

 

ご無沙汰しています。

 

 

 

なぜ更新が滞っていたかと言うと

「教育実習」

とやらに行っていたからです。

 

 

実習も残すところあと1日。

 

 

 

 

と思っていたら

 

明日には自分が監督しているチームの

リーグが開幕します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕がこのチームに

深く関わるようになったのは

ちょうど2年前。

 

 

 

 

右も左もわからず、

サッカーコーチという立場に

少しだけ優越感を抱き、

本当にしょうもなかった

自分をコーチとして迎えて頂きました。

 

 

 

その初戦のこと。

今でも忘れません。

 

 

 

 

相手は強豪チーム。

 

その相手と戦い今まで

勝利したことはなかったそう。

 

 

 

対する私たち。

 

決して強豪というようなチームではなく

上手い選手もいれば初心者もいる。

 

 

 

結果は火を見るよりも明らかです。

 

 

 

 

 

 

 

終わってみれば

 

 

 

 

 

 

 

4-3の勝利。

本当に感動しました。

とても素晴らしい試合でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、グループの残り2試合に敗北。

目標としていた結果には届かず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分は初戦を終えたとき

このチームにそして自分に

陶酔しました。

 

 

 

 

このチームっておれって

すごいやん。

できるやん。

って。

 

 

 

 

 

 

 

だから負けました。

続けて。しかも大敗。

 

言葉も出ません。

なにも考えられません。

 

反省、後悔、

してもしきれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私たち指導者は

次に生かせます。

 

 

同じ過ちを繰り返さぬように。

同じ轍を踏まぬように。

 

 

 

 

 

ただ、そのときの選手にとって

その1試合は、その1プレーは、

かけがえのないものなのです。

 

 

 

そして自分は目の前にいる選手に

本気で向き合うようになりました。

 

 

 

それまでが本気でなかった

わけではありません。

 

 

 

ただ、

過去が見えるようになりました。

未来が見えるようになりました。

 

 

 

選手たちがどんな思いで

サッカーをしてきたのか。

選手たちがどんな思いで

サッカーと向き合うようになるか。

 

 

 

いま自分がどうすれば

選手はより良い「今」を過ごせるか。

 

 

 

 

 

過去も未来も見えたうえで

考えるようになりました。

 

 

 

 

 

 

そんなことを言っている私ですが

今日後悔に苛まれました。

 

 

 

 

 

 

リーグに向けた

モチベーションビデオを見たとき。

 

 

自問自答しました。

もっとできなかったか?

もっとしてあげられなかったか? 

 

 

 

 

 

あんな経験をしたにも関わらず

今でもこんな思いをする自分が

悲しくもあり腹立たしくもあります。

 

 

 

 

ただ、自負もあります。

こんなことしてきたぞ!

こんなことできるぞ!

 

 

 

 

 

 

あとはやるだけです。

送り出すだけです。

そして信じるだけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あれから2年。

 

 

自分は成長しているのだろうか。

 

 

 

過去の苦しい思いは

今に生かすことで

昇華できるはずだ。

 

 

 

 

過去から逃げず

今と向き合い

未来に生きる。

 

 

 

 

勝つことが良いわけではなく

負けることが悪いわけではない。

 

 

 

それはあくまでひとつの指標。

 

 

 

サッカーを通じて

より良い人生を送れるよう

サッカーを楽しんでくれればよい。

 

 

 

 

 

「サッカーって最高だ!」

って心から叫べる日がくるように。

 

 

 

 

 

また一歩一歩。

 

 

 

あしたは初戦。

 

 

 

新たに踏み出す一歩。

 

 

 

次に繋がる一歩。

 

 

 

今日まで歩いてきた道のりを振り返って

明日は自分のいる場所を確認して

また明後日から歩き出そう。

 

 

みんないつもありがとう!

f:id:sawairist:20180922220318j:image

 

®️ist

 

 

 

 

愛+平和=旅

こんばんは。

 

 

1日に2本書くなんて。

でも書きたいから書きます。

 

 

昨日の感動や興奮が冷めないうちに。

今日書いておきます。

 

 

 

ちなみに第2弾なので

第1弾読んでない方は

よろしければ下の記事も。

 

 

 

 

 

 

昨日行ってきました。

 

「旅祭 2018」

 

アツかった。痺れた。脳みそスパーク。

 

f:id:sawairist:20180902232302j:image

 

 

 

 

時間の流れにそって

少しお話します。

 

 

 

と思ったけど

長くなりそうだから割愛。

 

 

 

 

 

印象に残った話を。

 

 

 

まず第一に挙げるのは

高橋歩さん」のお話。

 

 

高橋歩さんが出るトークライブを

見て回るという信者みたいな楽しみ方。

 

 

 

特に印象に残っているのは

「脳みそスパークの話」

「恋愛の話」

 

 

「脳みそスパークの話」は

どういうことかって簡単に説明すると

 

 

自分の感性を信じて生きろよ。と

自分の鳥肌を信じて生きろよ。と

脳みそスパークしたものに

まっすぐ生きろよ。と

 

 

これって簡単そうで簡単じゃない。

 

 

大人になるにつれて

お金がとか

時間がとか

年齢がとか

いいように理由づけ。

 

 

自分がしたいことから目を背ける。

 

 

でもそんなんじゃなくて。

 

 

やりたいことにまっすぐ進む。

やりたいことをする。

 

 

 

そのために

時間どうする?

お金どうする?

年齢どうする?

 

っていうだけの話。

 

 

 

それを理由に逃げれるうちは

まだそれが本当に好きじゃないのでは?

 

 

 

本当に好きで

脳みそスパークして

居ても立っても居られなくなったら

 

 

動き出すでしょ?勝手に。

 

 

 

覚悟とか責任とか

そんなんじゃなくて。

 

 

 

好きという気持ちが

自分を突き動かす。

 

 

それに自分でストップをかけないで。

 

 

自分の感性を鳥肌を脳みそを

信じてみたら面白いんじゃない?

 

 

そんなお話。

 

 

 

 

 

 

 

次に「恋愛の話」

 

 

 

タイトルに惹かれ

こんなトークライブへ。

 

「恋大学 -人を成長させるのは旅と恋-」

 

 

先ほどの高橋歩さんを先生に迎え

動物写真家の松谷一慶さん

やる気あり美編集長の太田尚樹さん

が生徒として話を聞くというスタイル。

 

 

ほんとに面白かった。

 

 

 

 

 

高橋歩さん曰く

 

 

 

おれは

心の中心に

サヤカ(高橋歩さんの奥さん)に

かっこいい

と思われてえ

ってのがあるから。

 

26歳で結婚したとき

「サヤカ、

   ドラゴンボール

    7個揃ったら

   なにしたい?」

って聞いたら

 

「歩と世界一周したい」

ってサヤカが答えて

 

脳みそスパーク!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなことある…?

それで世界一周する…?

 

スケールでかすぎる…

 

 

 

でも難しいことじゃないなって。

 

 

 

好きな人がしたいことを叶える。

 

 

好きな人が喜んでるのが

好きだから。

 

 

そのためにどうしなきゃいけない?って。

 

 

 

 

世界一周ほどスケールは

大きくなくても。

 

 

相手のためになにかしてあげたい。

そのためにどうする?

 

 

誰でもできること。

 

 

恋愛だけじゃない。

 

 

人と人ってそう繋がってるよね。

 

 

そんなことも思いました。

 

 

 

 

 

 

 

そして帰りの新幹線で

出演者松谷一慶さんの

Twitterを見ていたら

こんなブログが。

 

COLORFUL » 世界と旅とこれからの話。

 

 

アツすぎる……!

 

 

 

 

旅したからわかること。

 

 

 

自分も旅人になろうと

改めて決意を固めました。

 

 

 

 

 

 

最後に。

 

竹原ピストルさんのLIVE。

 

自分との距離は5mほど。

 

45分間。

 

 

 

 

 

はじめて

「歌」

で感動しました。

 

 

 

あの魂。

あの人間味。

 

 

 

魂をすり減らして

歌っている姿が

美しくもあり

怖くもあった。

 

 

 

 

あの感情は

なんだったんだろう。

 

 

 

 

 

この声を聞けただけで

今日来て良かった。

と思えた。

 

 

 

 

 

 

旅祭 2018

本当に幸せな時間でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3日間。

旅とも言えないほどの

小さな旅行。

 

 

 

 

 

だけど

 

こんなにたくさんの

出会いがありました。

 

こんなにたくさんの

感動がありました。

 

こんなにたくさんの

気づきがありました。

 

 

 

 

じゃあ

 

1ヶ月の旅では…

 

海外の旅では…

 

ひとりの旅では…

 

 

 

 

なにが起こるんだろう。

 

なにを感じるんだろう。

 

 

 

夢は希望は

 

膨らみます。

 

 

 

みんなも旅したらどうかな。

 一緒に旅してみよう。

 

 

「旅はどこに行くかじゃない。

   誰と行くかだ」-高橋歩-

 

 

おれと旅しようぜ。

 

 

 

 

 

そして

次は貴方が

 

仲良い友人。

愛する恋人。

大切な家族。

 

を誘ってみよう。

 

 

「旅しない?」

って。

 

そこから世界は広がるよ。

 

 

5億平方キロメートル。

70億人。

 

 

 

 

意味わかんねえくらいデッケエ

地球に生まれた自分達。

 

 

 

 

一人暮らしのアパートで

一人で過ごしてて楽しいか。

 

 

 

 

 

たしかにそれも楽しい!

おれもそういうの好きだよ!

 

 

 

 

 

でもさ

違う世界も楽しいぜ!

知らないだけで面白いぜ!

 

 

 

 

 

 

 

旅をしよう。

世界中に友達を作ろう。

 

 

そしたら友達のいる国を

攻めたりなんかしないよね。

仲良くするよね。

 

 

みんなが世界中に

友達を作ったら

世界中が仲良しに

なるんじゃないかな。

 

 

 

 

世界平和はすぐそこにある!

ほんと人生って楽しいぜ!

 

 

 

My heart is filled

with so much grateful

for your love.

木梨憲武

 

f:id:sawairist:20180902232605j:image

 

 

®️ist